激安注文住宅ファインダー

安いには秘訣があります

注文住宅について

私も注文住宅で家を建てたことがあります。
まっさらな状態からのスタートですから、何度も何度も設計の人と話し合いました。
時にはこちらの要望が伝わらなく、イライラしちゃったりしましたが、希望の形にはなってると思います。
しかし、気をつけななければならないこともあります。
普段は図面を見ることなど無いのでなれない私でした、なのでなかなかイメージがつかめなく実際に出来上がってから。
ああここはこうしてもよかったのだなとかここにも収納作ればよかったな、なんて思うところもあったりします。
なので、そういう点は普段から図面をみなれている専門家である設計の人とよく話合うことが大切です。
その時は自分の不安に感じてる事、疑問に思っていること。
例えばここはどうなるのか。
ここにはどう付くのかとか窓は実際はどんな大きさで壁に対してどんなイメージなるのかとか、またもし収納をつけたいのだが良い方法はないだろうかとか本当に細かいようですが、後から直すこともできますがそれはそれでなかなか大変なことだと思いますので、あとで後悔しないように、しっかり話し合うこと。
それがより自分の希望通りの注文住宅を建てるってことじゃないかと思います。
前回注文住宅を建てる際に失敗したから次はこういう点を気をつけよう、なんて人はまずいないでしょう。
なぜなら注文住宅を建てるというのは一生に一度のことだからです。
失敗を生かせる機会はありません。
最初で最後、是非失敗しないようにしたいものです。
建売と違って注文住宅の場合は基本的に希望のデザイン、間取りにできますのでまずはどんな家を建てたいのかをきちんと決めておく必要があります。
どこに頼むにせよ全部お任せなんて注文住宅の意味がありません。
土地も決まっていないのならまずはどれくらいの土地面積にどれくらいの敷地面積の家を建てるか、そこから決めなくてはいけません。
間違ってもハウスメーカーを先に決めるのではなく、建てたい家によってハウスメーカーを選ぶべきです。
まずは何階建てのどんな間取りにするか決める必要がありますね。
何人で住む予定なのか、将来子供たちがいなくなった時のことも考えて無駄なく設計するのが理想です。
将来両親と同居の予定があるなら増改築しやすい設計にしておくのも良いでしょう。
木造、軽量鉄骨など素材も決めなくてはいけませんし、それぞれの工期も知っておく必要があります。
家を一から建てるのは大変な時間がかかります。
充分な余裕を持って計画し、一生に一度の満足いく住まいを手に入れたいですね。