激安注文住宅ファインダー

安いには秘訣があります

注文住宅の予備知識

自分達の家が欲しいと思った時に、やはり思い浮かぶのは新築一戸建てではないでしょうか。
新築一戸住宅でも分譲されているものや、プランが決まっているものなど仕様は様々ですが、理想の家を造るのであれば、注文住宅が一番ではないでしょうか。
注文住宅は予算が許す限り、全て自分の好きなデザインにすることが可能です。
「別に住めるならどんな家でもいい」という方ならまだしも、理想とする家の形などが決まっているならば、こちらを選択したほうが後悔がないのではないでしょうか。
ですが、この注文住宅。
自分の好きなように色々なことを決めれる反面、知識がないと思わぬ大失敗をしてしまうかもしれませんので、しっかりとした注文住宅の予備知識を身につけることが大切です。
大きな所でいえば、間取りをどうするか、吹き抜けを作るか。
リビングは1階にするか2階にするか。
など自分達の生活タイプに合わせた部屋作りをしていきましょう。
細かい所でいえば、コンセントの数や、位置をどうするか。
などでしょうか。
この辺りは、家が建ったときの家具の配置などをきちんと決めておく事が大切になってきます。
家を建てた時の成功例、失敗例など、調べると沢山情報がありますので、しっかりと勉強をして、後悔しない家作りをしていきましょうね。
注文住宅を建てるには土地を購入する際に不動産屋と交わす売買契約書、工事をお願いするハウスメーカーや建築家と提携している建設会社と交わす契約書など各種契約書が必要になります。
それぞれ金額に応じて印紙代がかかります。
契約金額が大きいだけにこれらはバカにならない金額です。
また、消費税も3000万円の家なら150万円もかかりますね。
登記にも税金がかかります。
そして新たに不動産を取得した時には不動産取得税というのがかかります。
これは土地にも建物にもかかりますので大きな額になります。
そして持ち家に初めて住む人は年に一度固定資産税を払わねばならないことも知っておかなければなりません。
デザインや自由な設計を重視したい場合、耐震性を重視したい場合、増改築に適しているかどうか、などの希望によって工法も変わってきますので事前にしっかりと自分の希望をまとめておくことも大切です。
但し希望は100%通るとは限りませんので絶対に譲れない条件、できれば譲りたくない条件、と優先順位をつけておくとさらにスムーズに進めることができるでしょう。
建替えの場合は地盤を気にする必要はありませんが、土地から立てる場合は地盤についても事前に調査するのが望ましいでしょう。
事前に多くの注文住宅の予備知識を持っているかどうかで満足できる家が建てられるかどうかが決まってくるのかもしれません。