激安注文住宅ファインダー

安いには秘訣があります

注文住宅の予備知識について

注文住宅の予備知識について知っていることを書きたいと思います。
注文住宅は、予想以上にお金が必要ですよ。
最近、注文住宅を建てようと思って、不動産屋に行くと、いろいろなことを教えてもらいました。
まぁいいことしか言わないと思いますが、悪い点もいろいろとあると思いますが。
土地を買うだけなのに、仲介手数料が発生します。
発生しない場合もありますよ。
仲介手数料は、土地の価格の3パーセント、消費税、6万円を足したものです。
あと、銀行からお金を借りるのに、お金を支払います。
お金を借りるためだけのお金です。
あと、水道、電気、ガスなどを自分でひっぱてくる際に、40万円ほど発生するし、土地がまっ平らでならいいのですが、そんな土地ってないです。
まっ平らにしたり、段差があると、コンクリートで埋めるための費用など。
家の前にガードレールなどあった場合は、その撤去する費用や、市役所に申請する費用などもあります。
4000万はかかるんじゃないでしょうか。
家の規模によりますが。
現金で300万は出せないと、しんどいです。
あとは、引っ越し費用や、家具などを買うお金などもあるので、現金で500万くらいあるといいですね。
でも、それで、頭金なしの全額ローンですが。
注文住宅の予備知識についてお話します。
まず、経験者の立場から言うと、家を建てるなら注文住宅にするのが一番よいと思います。
建売住宅は価格は安く、購入し居住するまでの手順としては注文住宅に比べて楽だと言えます。
ですが、現場管理がしっかりしていないことが多く、そのために後々不具体が出ることが少なくありません。
それなら自分の好みの注文住宅を建てる方が、多少お金がかかっても、長い目で見たらいいのではないかと思います。
まず、注文住宅の長所ですが、一つ目に自分の好み通りの家が建てられること。
二つ目に、自分の好きな場所に建てられること。
三つ目に二世帯住宅や平屋など、それぞれの家族構成にあった家を建てられること。
四つ目にRCや在来工法など工法を選択できることです。
しかし注文住宅には建売にはないデメリットも多数あります。
注文住宅の短所は、一つ目に価格が確定しにくいこと。
二つ目に使用部材が明確でない場合が多いこと。
三つ目に適切な工事がされる保証がないこと。
四つ目に間取りや概観などを考える手間がかかること。
五つ目に価格が高い傾向にあること。
注文住宅の施主さんは家作りの初心者であることが多いです。
そのため、建築業者と利害がぶつかった時に、その意見を覆すことができない場合が多いです。
そのため注文住宅では、施主側に立ったプロによるアドバイスがどうしても必要になります。