激安注文住宅ファインダー

安いには秘訣があります

注文住宅のハウスメーカーごとの特徴

注文住宅のハウスメーカーごとの特徴

大手ハウスメーカーの注文住宅は一定の品質が保証されているものなの安心できるとして人気があります。しかし、いろいろな多くのハウスメーカーのなかで、どこを選ぶかは迷う人も多いでしょう。それぞれ工法も違えは、外観に一定の特徴があります。安全性という点を見れば、どこも一定の基準を満たしているので大きな差はないでしょう。住宅公園などで各メーカーのモデルハウスの展示を見比べてみると、おおまかな特徴はわかります。また詳しいパンフレットを見たり、直接説明をしてもらえば、工法や構造の違いなども知ることができます。ハウスメーカーの注文住宅はアフターサービスが充実している点でも評価が高いです。それぞれのサービスに特徴があるので、建築主のニーズに合っているものを選べばよいでしょう。

注文住宅の諸費用

注文住宅を建てるためには、建築物そのものにかかる費用のほかにも諸々の費用が必要です。どのような土地に建てるかで、必要な費用も変わってくるので、すべての費用を含めて予算を組まなくてはなりません。建て替えや古家が建っている土地を買った場合には解体して更地にする費用がかかります。地盤調査の結果軟弱地盤だった場合には地盤改良工事が必要です。上下水道間が引き込まれていない場合には工事費がかかります。その他に建築確認申請費、構造計算費用、住宅性能評価費用、電気引込工事、給排水給湯配管工事費、火災保険、地震保険、外壁工事費なども必要です。また住宅ローンに関わる諸費用や、土地や建物を登記するための費用も必要です。注文住宅には場合によっては諸費用だけで数百万円になることもあるので、よく考えて計画を立てることが大切です。

注文住宅は建売

土地を買って家を建てるために建物を建築士に設計してもらい、施行会社と建築工事請負契約を結んで建ててもらう方法が注文住宅です。不動産会社などの住宅の売り主と売買契約を結んで、土地付きの建物を購入するのが建売住宅となっています。ただし、土地を購入して家を建てる場合は、購入した土地によって建築条件がある場合とない場合に分けられます。建築条件がある場合は、施行会社があらかじめ指定されています。しかも建築確認申請が済んでいて、法律が遵守された建物であるか審査済みであるため、設計の変更は基本的にできません。一方、条件なしの場合は、施行会社を自身で決められます。建売住宅でも建物が完成している状態ではなく未完成のものもありますが、注文住宅の条件付き同様、設計の変更はできません。

注文住宅の情報サイト

注文住宅の情報サイトは、さまざまな検索機能を用意したところが多くあります。情報サイトそのものはかなりの数がありますが、実際に建物をイメージできる情報サイトを利用したいものです。基本的にハウスメーカーや工務店などの特徴を把握した上で、その中から自分の気に入った業者を選択して情報比較するというような利用方法になるようです。このような情報サイトの中には、ハウスメーカーによる注文住宅カタログを紹介しているところもあり、坪単価比較ができるなど結構詳細な比較できるところもあります。そのようなところはモデルルームや実績を写真で紹介しているので、簡単にイメージしやすいようになっているのが特徴的です。ほかにもテーマや興味などからハウスメーカーや工務店などを検索できたり、無料で建築アドバイザーに相談することもできるところもあります。

注文住宅のメリット

注文住宅のメリットは、まずなんといっても自分に合わせた住宅にするか、住宅に自分を合わせるかということが根底にあります。このようなことから最大のメリットは自分のイメージする希望の住宅を造って、それを自分のものにするということではないでしょうか。具体的には希望通りの間取りに住める、内装や外装のデザインにこだわれる、好きな建材や設備を取り入れることができる、将来のリフォームに備えやすい、建築過程を確認しやすい、どの部分がどんな性能かわかりやすいなどです。メリットはこればかりではないでしょうが、同じ新築というケースの建売住宅と単純に比較しただけでもこのくらいはあります。長く住む住宅であればあるほど、自身でこだわりを持った住宅にするには、やはり注文住宅でしょう。